徳島が長年にわたって積み上げてきた糖尿病研究を中心とする医療資源。
これをもって、高度な検診医療を求める国内外の皆様に貢献します。

先進の医療サービス/松久宗英 医師談

医師の紹介
松久宗英 氏
徳島⼤学病院 (徳島県)
内分泌・代謝内科糖尿病臨床・研究開発センター
センター⻑特任教授

広く世界に⽬を向け、糖尿病予防と対策に尽⼒することを⽬指し、徳島県内はもとより全国から糖尿病患者が訪れる糖尿病臨床・研究開発センターにおいて、検診による早期発⾒と予防、診察、合併症予防に⾄るまでトータルにかかわってきた。近年では海外からの観光客・受診者を呼びこむ医療観光(メディカルツーリズム)にも⼒をいれ、アジアでの医療貢献をめざしている。糖の流れの調節因⼦の解明、細胞内ストレス応答とインスリン作⽤、膵移植先進糖尿病治療、糖尿病と動脈硬化危険因⼦の解明などの研究実績も多い。

専門
糖尿病、代謝学、先進糖尿病治療
経歴
1987年3⽉/岡⼭⼤学医学部卒業
1996年2⽉/⼤阪⼤学博⼠(医学)
1987年7⽉/関⻄労災病院内科
1988年7⽉/⼋尾市⽴病院内科
1990年7⽉/⼤阪⼤学医学部第⼀内科研究⽣
1993年10⽉/カナダトロント⼤学医学部⽣理学教室客員研究員
1995年9⽉/⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科病態情報内科学(旧第⼀内科) 医員
2003年8⽉/⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科病態情報内科学(旧第⼀内科) 助⼿
2009年4⽉/⼤阪⼤学⼤学院内分泌代謝内科学講師
2010年1⽉/徳島⼤学糖尿病臨床・研究開発センター診療部⾨⻑・特任教授
2011年1⽉/徳島⼤学病院臨床試験管理センター副センター⻑
2011年4⽉/徳島⼤学病院アンチエイジング医療センター副センター⻑
2014年1⽉/徳島⼤学糖尿病臨床・研究開発センターセンター⻑・特任教授
2014年4⽉/徳島⼤学アンチエイジング医療センターセンター⻑