徳島⼤学病院では、アンチエイジング医療センター(Anti-Aging Medical Center:AAMC)が中⼼となって、最新の検診機器及び診断装置を用いた糖尿病・メタボリックシンドローム検診を行っています。その遺伝背景の解析、病態の評価、動脈硬化症や糖尿病血管合併症の早期診断、さらにサルコペニアの診断をもって、受診される皆様の健康増進と⼼血管病、腎不全、フレイルの発症予防に貢献します。(糖尿病検診 毎週金曜日)

    医療スタッフ紹介

  • 松久宗英 医師
  • 徳島⼤学病院 (徳島県)
  • 内分泌・代謝内科糖尿病臨床・研究開発センター・センター⻑特任教授

AAMCでの検診項目
尿検査 (糖、蛋白他の一般検査、尿アルブミン、尿クレアチニン)
血球検査 (白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数他)
血液凝固能検査 (フィブリノゲン)
肝機能検査 (T-bil、GOT、GPT、LDH、r-GTP、総蛋白、アルブミン)
脂質・尿酸代謝検査 (LDL-cho、HDL-cho、TG、Lp(a)、尿酸)
腎機能検査 (Na、K、Cl、尿素窒素、クレアチニン、カルシウム)
糖代謝検査 (空腹時およびブドウ糖負荷後:血糖、インスリン、HbA1C)
心血管系検査 (B型ナトリウム利尿ペプチド:BNP、高感度CRP)

AAMCでの検診スケジュール
8:30- 検診者全体説明会、絶食・内服確認
8:50- 腹囲測定、血圧・身長・体重等測定
9:00- 尿検査
9:10- 内臓脂肪CT、胸部X-P、血管内皮機能検査(FMD)
9:50- CAVI/PWV、心電図
10:30- 75gブドウ糖負荷試験開始:前採血 ※
10:35- ブドウ糖液摂取
11:05- 30分採血
11:35- 60分採血
11:40- サルコペニア検査、皮下AGE計測
12:35- 120分採血
12:50- メタボリックヘルスランチ&栄養指導
13:50- 検診説明、アンケート
※糖尿病患者さんでは75gブドウ糖負荷試験に代わり、合併症検査を行います。検査内容により時間は前後します。

>>>ダウンロードはこちら

研究者紹介

松久宗英 教授
徳島大学 先端酵素学研究所
糖尿病臨床・研究開発センター
センター長・教授


船木真理 教授
徳島大学病院糖尿病対策センター
特任教授


親泊政一 教授
徳島大学 先端酵素学研究所
教授


永田俊彦 教授
徳島大学名誉教授


関係者インタビュー

先進の医療サービス/松久宗英 医師談

インタビュー:徳島大学病院 糖尿病対策センター 特任教授 船木真理 氏

インタビュー内容:糖尿病、そのリスクと徳島県の取組み

インタビュー:徳島大学先端酵素学研究所教授 親泊政一氏

インタビュー内容:糖尿病克服へ!徳島県が取り組む新薬研究開発

インタビュー:元日本歯周病学会理事長・徳島大学名誉教授 永田俊彦氏

インタビュー内容:歯周病と糖尿病、その予防と治療の必要性